birdsmam-yun.cocolog-wbs.com > 犬関連の本

ベイリー、大好き
またね、富士丸
犬の消えた日
かんたん犬ごはん
しぐさでわかる犬の心
世界一幸せな老犬に!
盲導犬不合格物語
イヌ好きが気になる50の疑問
犬と私の10の約束
新・ペットフードにご用心!
いとしの介助犬アトム
ボクと離れちゃだめだよ!
さよなら、盲導犬ミッキー
震災にあった盲導犬 クララ
柴犬さんのツボ
マルコの東方犬聞録 日本の犬にだけは生まれ変わりたくない!
老後を動物と生きる
ダメ犬グー 11年+108日の物語
マーリー
PEPPY
車椅子の犬訓練士ものがたり

<< 前 | トップページ | 次 >>

盲導犬不合格物語

盲導犬不合格物語

盲導犬になるのには、盲導犬にふさわしい血統の
選ばれた繁殖犬から、生まれた子供たちがなるのですが、
それでも全頭が盲導犬になれる訳ではなく、
なれなかった子達も居ます。
なれなかった子達は、どうなるの?
そこにスポットを当てた物語です♪

「不合格」と言う言葉には、語弊があって、
適性が無い・キャリアチェンジをした犬たちという意味なんです。
別に「おバカなワンコ」と言う意味ではないんですよ。ワン♪▼(⌒(エ)⌒)▼ 

目の不自由なユーザーさんたちのことを真剣に考えると、
「まぁこのぐらいは…」と言う甘い考えが、大変危険なことになることもあります。
なので、「まぁこのぐらいは…」と思える不安材料でも、
その子は、あっさり不合格犬になるのです。
人が好き過ぎる・陽気過ぎる・生真面目過ぎるこんな性格も駄目なんです。
しっかり訓練が出来ても、駄目なんですよ。
「ケージに入りたがらない」たったこれだけの事でも、駄目なんです。
デビュー間近になって「皮膚病に感染」。治療に時間が掛かってしまって
デビューの時を逸してしまった…これでも駄目なんです。
盲導犬の資格認定は、厳しいんですね。
家庭犬だったら、まったく問題にならない賢いワンちゃんたち。

さて、この子達がその後どうなるのか?
①介助犬・聴導犬・麻薬探知犬・救助犬などとして、新たに仕事に着く。
これが第一なんですって。
盲導犬の適性は無いけれど、他の所では活躍できる子達。
②盲導犬の啓蒙活動・普及活動のデモンストレーション犬
または、訓練所に残って、体験に使う盲導犬として仕事に就く。
③家庭犬として、もらわれていく。
この場合第一候補は、パピーウォーカーさんだそうです。
(生後50日以降約1年間、ボランティアで育ててくれる家庭をパピーウォーカーさんと言います)
その他には、引き取りたいと希望した方の中から、適正を見て決めるそうです。
家庭にもらわれて行っても、ボランティアで活動したり
その才能を発揮しているようですよ。

本の表紙を飾っている子達は、みんなそんな子達。
ホテルの看板犬として、マジックショーに出ている子、
小鳥を育てている子、パピーウォーカーさんと一緒に子犬の教育係りをしている子
ボランティアに参加している子、心の問題を持った人のところで癒しをしている子
ちょっと適性が無かっただけで、みんな良い子達です。
みんな幸せに、新しい犬生を歩んで行って欲しいね。

私の評価 ★★★★☆

固定リンク